食事制限の意味が違ったみたい

こんにちは、みな実です。

食事制限をしてもしっかり栄養は摂って毎日3食は食べないといけないので偏らないようにしないと逆に栄養不足で体調を崩しやすくなるんだそうです。食べるのを制限するというよりは間食を無くすとかっていう方がいみたいですね。

例えば、炭水化物を抜いてサラダだけにするとか、動物性たんぱく質は摂らないとかってしちゃうとダメみたいです。食事制限は食事の量を減らすのではなく、しっかりと摂取してその上で摂取カロリーを抑えるって考えた方がいいみたいです。

ただそれも食事量で抑えるんじゃ意味がないんです。栄養素の中でも重要なのは糖質、タンパク質、脂質はかなり需要で、不足すると体調不良になりやすいんだそうです。タンパク質は筋肉を作ってくれて、減ると代謝が悪くなり、糖質は身体の中でエネルギーなり、とくに脳に対しての唯一のエネルギーです。これが減ると食事が減るどころか食欲がむしろ増えてしまうんです。それが余計に食べてしまう原因になるのでダイエットどころかむしろ太る原因になるんだそうです。

お米等のたんぱく質を抜くと食欲がむしろ増すのはこれが原因です。それから脂質は細胞膜やホルモン、血液とかを作るのに大事な成分です。それから糖質と並んでエネルギー源になります。これも抜いてしまうと食欲が増す原因になりかねません。その他ビタミンとかミネラルも大事ですけど、食事制限ダイエットはこんなに色々大変なんですね。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/wscv/onthemarkcharters.com/public_html/wp-content/themes/zacklive/library/underscores/template-tags.php on line 26